太ってしまうと細胞も脂肪がついてしまい、脂肪細胞となってしまいます。これは脂肪は周りの血管やリンパ腺を圧迫してしまい、流れを悪くしてしまいます。流れが悪くなることで栄養や酸素が運ばれにくくなり、老廃物も除去できなくなるため蓄積されてしまいます。このような状態が続いてしまうと、排出されなかった老廃物や水分などが細胞と結合してしまいセルライトとなってしまうのです。
セルライトがつきやすいのは脂肪のつきやすい部分で、足やお尻、二の腕などです。老廃物や水分などが固まってしまっている状態になるので、通常のダイエットではなかなか解消しにくくなってしまっています。
二の腕だけではなく足などでも基本的に解消方法は同じで、温かくして血行を良くして老廃物などを徐々に流し出して行くことが大切です。改善して行くためには、そのほか固まったセルライトを崩して行くことも大事で、二の腕の下の部分を軽く引っぱることで崩して行ったり、内側にねじって行くことで動かして除去して行くなどの方法があります。
このような方法を毎日行うことで、徐々になくなっていきます。すぐに解消するわけではないため、寝る前や入浴時などに少しずつ継続して行っていくことが大切です。