腕の脂肪が気になるならば、狭い場所でもできる体育座りエクササイズをやるとよいです。
やり方はとても簡単です。
まずは体育座りをします。通常の体育座りならば手を前で組んでいますが、体育座りエクササイズを行う時は手は後ろにつきます。
肘をまげて体重を後ろにかけます。肘は可能な限りまげて上体を後ろにもっていきます。後はできるだけその状態を維持するだけです。肘はできる限りゆっくりとまげることを忘れずに、また後ろに倒れていく時も可能な限りゆっくりとしていくとよいです。
戻る時は肘を伸ばして元の状態に戻れば終了です。
比較的簡単にできるので、普段筋力トレーニングを行わない人でも安心して行うことができます。
毎日行う必要があるので、できるならば一日十回から二十回程度やるようにするとよいです。無理をしてまでやる必要はありません。十回できないのであれば数回から始めていき徐々に回数を増やしていけば問題ありません。
二の腕を露出する機会が増える夏前など、状況に応じてやれば薄着になる季節でも安心できます。
ちょっとしたスペースがあればできるので、あとは続けることができれば二の腕の脂肪を解消することができます。
誰でも安心して行うことができる体育座りエクササイズを行えば、二の腕がすっきりとします。